迷惑メールは無視が最も確実!基本的な対策をご紹介

「迷惑メールがたくさん来て困っている」という人も多いでしょう。迷惑メールはウイルス感染や犯罪のきっかけになることが多く、場合によってはお金や情報を騙し取られます。また「この人からお金が取れる」とわかると、その後もずっとターゲットにされ続ける可能性も。

そこで今回は、迷惑メール対策の基礎をご紹介したいと思います。これを理解しておけば、迷惑メールも怖くありません。

迷惑メールと目的

迷惑メールとは「受取人の了承なしに一方的に送られてくるメール」のことです。登録した覚えがないサイトからメールが届く、というのが良い例です。こうしたものは、どこかからメールアドレスが漏れて、勝手にサイトに登録された可能性があります。私のもとに届いている「【迷惑メール】フォローしたこばやしです〓2.ショット指.名しちゃった〜〜〓〓」のようなメールは、いつの間にか出会い系のサイトに登録されたために送られてくるものです。

そして迷惑メールのほとんどは「お金を騙し取ること」を目的にしています。種類は後述しますが、どのメールも最終的な目的は同じです。

迷惑メールの種類

迷惑メールにもさまざまな種類があります。主なものは以下のつです。

フィッシングメール

AmazonやAppleなどの大手企業を名乗り、情報を奪うタイプの詐欺です。大手企業そっくりのサイトに誘導され、そこに入力したパスワードやクレジットカード情報を盗むためのものが多くなっています。直接現金をやり取りしないので、犯罪に巻き込まれるまで気付かないことが多く「いつの間にかクレジットカードを使って勝手に買い物をされていた」ということも少なくありません。

これまでにやってきたものでは、

などがこれにあたります。

対策としては、URLを確認すること。公式と違うドメインの場合はクリックしない、公式に問い合わせてみるなどの方法で対処しましょう。

ワンクリック詐欺メール

メールで送られてきたURLをクリックすると、一方的に金銭を要求してくるタイプのメールです。「入会したので年会費をお支払いください」などの文言が出てきます。

日本の法律では「両者間の合意がなければ契約は成立しない」と定められていますので「これをクリックしたらお金がかかるよ」と記載されていなければ、契約は成立しません。つまりワンクリック詐欺では、お金を支払う必要は一切ないということです。無視しちゃって構いません。

お金あげます詐欺メール

なんていうのか分からないので、勝手に命名しました(笑)「〇〇円当選しました」「ブラックでも融資できます」など、お金を得られるという文言で誘い、登録料やら手数料やらを騙し取るタイプの詐欺です。もちろん、最初に提示されていたお金は貰えないし、融資もしてもらえません。

このブログで紹介したものだと

などがこれにあたります。

迷惑メールの基本的な対策

こうした迷惑メールに対処するなら、

  • 無視して削除
  • 拒否設定をする
  • 慣れる

の3つが確実です。

無視して削除

無視して削除は、最も確実な方法です。迷惑メールは「開封をしない」「URLをクリックしない」を徹底すれば何も起きません。

逆に開封したりURLをクリックしたりすると、相手に「生きているメールアドレス」と伝えることになるため、迷惑メールが増えることになりかねません。

身に覚えのないメールは、すぐに削除しましょう。

拒否設定をする

送られてくるメールアドレスやドメインがある程度決まっているのなら、拒否してしまうのもひとつの方法です。多くのメールサービスでは、迷惑メール対策として迷惑メールを拒否する機能が備わっています。一定のアドレスやドメインを受け取らないように設定できるほか、「これは迷惑メールだ」と報告するだけで、似たようなものを迷惑メールと判断して自動的に削除してくれるものもあります。

私のところにも「【迷惑メール】伊藤からあなたへ【100イ意】受給完了のお知らせとなります。」から、約5分おきにメールが来ていましたが、ドメインが3つ程度に絞れていたので、それを拒否設定にした途端、ぱたりと来なくなりました。

ただ今はこうした機能避けのために、アドレスやドメインをランダムな英数字で取得しているものもあり、拒否設定にしても届く場合があります。こうしたものは、地道に迷惑メールとしてプロバイダに報告し続けるか、丁寧に削除していくしか方法はありません。

慣れる

これはもう究極の方法だと思うのですが(笑)迷惑メールは毎日受け取っているうちに慣れてきます。削除もルーティンとなってきて、特に気にならなくなります。この状態になると、迷惑メールがどういうものなのかもわかってくるので、新手の迷惑メールが来ても引っかかることはなくなります。

迷惑メールで絶対にやってはいけないこと

迷惑メールで絶対にやってはいけないことは「配信停止依頼」と「相手に連絡をすること」です。

配信停止を行うと、一気に迷惑メールが増えます。配信停止を行うことで「このアドレスが生きている」と相手に知らせることになり、お金を騙し取るチャンスを増やすために、どんどん迷惑メールが送られてくるようになります。

私が以前試しに配信停止をしてみたところ、1日で200通の迷惑メールがやってきたことがあります。ちなみにその後も増え続けて、今では倍の400通のメールを受け取ってます。

また送信元の連絡先がわかっても、絶対に連絡をしてはいけません。ワンクリック詐欺などでよくあるのですが、焦って連絡先に連絡をすると自分のメールアドレスや電話番号が筒抜けとなり、毎日のように請求の連絡が来るようになります。

ただこうした迷惑メールを送ってくる運営元は、お金を取ったらすぐに雲隠れしないと警察に捕まってしまうので、連絡先を公開していることは稀です。そのため「はっきりした連絡先を公開していないサイトは詐欺のためのサイトである」とも言えます。

迷惑メールはとにかく無視しよう

前述したように、迷惑メール対策として最も確実なものは「とにかく無視すること」です。

万一お金や情報を騙し取られるなどの被害に遭ってしまったら、消費生活センターや最寄りの警察などに相談してください。

1件のコメント

  • 参考になりました。
    ありがとうございます。
    実は、国際支援機構と名乗るメールが連日頻繁に来るので困ってました。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です