こんなサイトは要注意!詐欺サイトの6つの特徴

最近の私のところにやってくる迷惑メールの中で特に多いのが「詐欺サイトに誘導するもの」です。詐欺サイトとは、人を騙す目的で作られたサイトのことで、出会い系や金融系など人が興味を惹かれやすい内容になっている場合が多いです。

ただこうした詐欺のサイトには、いくつかの特徴があります。それを知っていれば「このサイトは詐欺サイトだ」とすぐに見抜けます。

今回は詐欺サイトの特徴を6つ、ご紹介します。

詐欺サイトの主な特徴

詐欺サイトは主に以下のような特徴があります。

  • 出会い系か金融系
  • 頻繁にメールを送ってくる
  • 運営元の連絡先が記載されていない
  • 個人情報を入力するページがSSL認証されていない
  • 同じサイトに誘導されるのに毎回アドレスが違う
  • 時間が経過するとサイトやメッセージが消える

ではひとつずつ詳しく解説していきますね。

【特徴1】出会い系か金融系

詐欺サイトの多くは出会い系金融系です。

出会い系の場合は、どこかからアドレスが漏れてそれが勝手に詐欺サイトに登録されます。するとサイトのメールボックスに、異性(同性の場合もあり)からメッセージが届き、その連絡が自分のアドレスにやってくるというもの。その多くは「お金あげます」という内容です。

当然ですが、実際にお金を貰えるわけではありません。「お金を振り込むのにいくら必要だから振り込んで」と言ってお金を振り込ませ、そのまま連絡が途絶えます。相手がくれると言う金額は、何千万とか何億とかいう大金です。そのため振り込む方も「10万、20万程度なら良いか」と思ってしまう心理を突いてきます。

これこれは、代表的な例ですね。中には代理人とか実際に受け取ったという設定の人を用意して、複数人で攻めてくるものもあるので要注意です。

金融系の場合は「簡単にお金が借りられる」といううたい文句で、融資に申し込ませる手口です。ただ実際に融資を行うわけではなく「借り入れには担保が必要」などと言って、銀行口座やクレジットカードと、その暗証番号を求めてきます。教えたら最後、貯金の残高はすっからかんになる上、カードで買い物されまくる散々な結果が待っています。

これが、金融系詐欺サイトの代表例ですね。

金融系詐欺サイトの見抜き方は「知っていれば引っかからない!貸金業法」に詳しく書いてあるので、こちらを参考にしてください。

【特徴2】頻繁にメールを送ってくる

詐欺サイトの2つ目の特徴は、とにかく馬鹿みたいな数のメールを送ってくることです。

上記はある出会い系の詐欺サイトから送られてきたメールです。約15分に1通のスピードで送られてきました。同じサイトからは他の人物からのメールもやってきて、なんと1日で200通という驚異の数。

このサイトだけでなく多くの詐欺サイトは、付き合いたての彼女よりメールを送ってきます。どちらかというと彼女と言うよりは、ストーカーと称した方が良いレベルの数です。

なぜガンガン送ってくるのかと言うと、早めに決着をつけたいから。こういうのは長引くほど、足がつきやすくなります。早めにお金を分捕って逃げてしまわないと、ボロが出たり周囲に話されて警察に通報されたりする危険があるんです。そのためしつこいメールを送って「連絡しなきゃ」という気持ちにさせる手口です。

【特徴3】運営元の連絡先が記載されていない

詐欺サイトには、運営元の連絡先が記載されていないことが多いです。これは、足がつかないようにするため。連絡先を公表してたら、警察に捕まったり裁判起こされたりするので、実態を掴ませないようにしています。

また掲載されていたとしても、運営元が海外の会社である場合も要注意です。特に出会い系のサイトで海外企業が運営しているものは、ほぼ詐欺サイトだと思って間違いありません。

なお、メール自体にも連絡先は記載されていません。大体がちょっとした短文とURLのみのものです。

ちなみにこうしたメールは、基本的に法律違反なのでしかるべきところに通報してOKです。これについては「迷惑メールを送ると罰金3000万円?特定電子メール法とは」に詳しく書いています。

【特徴4】個人情報を入力するページがSSL認証されていない

個人情報を入力するのに、SSL認証がされていない(httpsで始まっていない)サイトも詐欺サイトである可能性が高いです。

きちんとした企業はお客様の個人情報が盗まれないよう、サイト全体、もしくは個人情報を入力するページはSSL認証されています。しかしSSL認証にはお金がかかるので、詐欺サイトでは当然、この処置を行っていません。

個人情報を入力するページなのにもかかわらず、SSL認証されていない場合、詐欺サイトではないか疑った方が良いでしょう。

なお、SSL認証については「フィッシングを見抜くには○○を見るだけ!迷惑メールのフィッシングを見抜く方法」に詳しく書いています。

【特徴5】同じサイトに誘導されるのに毎回アドレスが違う

同じサイトに誘導されるのに、毎回メールアドレスが違うというものがあります。このメールで誘導されるサイトは、大概が詐欺サイトです。

毎回アドレスが違う理由は、迷惑メールのフィルタリングを潜り抜けるため。特にランダム英数字で作られたアドレスやドメインには注意が必要です。

【特徴6】時間が経過するとサイトやメッセージが消える

詐欺サイトは、時間が経過するとサイトそのものやサイトに来ていたメッセージが消えてしまいます。これは証拠を残さないためです。

例えば「お金あげます」というメッセージを送って、それに「じゃあ貰います」という返信をした場合、これは契約です。契約を破った場合「契約不履行」になるため、まかり間違えば訴えられる可能性もあります。

しかしやりとりをした証拠が残っていなければ、万一訴えられても「お金あげるなんて一言も言ってないし」とのらりくらりと躱せるわけです。色んな詐欺サイトを見てきましたが、メッセージは大体1週間前後で消えてしまうサイトが多いように思います。

特徴を知っておけば騙されない

詐欺サイトは基本的に情報は明かさず、なるべく早めに決着をつけようとしてきます。上記6つも、自分たちの正体を明かさず、早めにお金を騙し取るための手段に過ぎません。

もし上記のようなサイトを見つけたり、メールが来たりしたら、絶対に反応しないでください。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です