【迷惑メール】他社で借りれない方でもお金貸します!!

差出人:他社で借りれない方でもお金貸します!!

日時:2020年4月15日(水)


他社様でお金を借りる所がない・・
そんなお悩みをお持ちの方でも300万円までご融資!

必ず私達が解決致します。

詳細、お申し込みはコチラ
https://bit.ly/3dNKodY


消費者金融をPRする旨の迷惑メールです。リンク先は「flix」という消費者金融のページに繋がります。

……が、このflixという会社は実際には存在しない、架空の消費者金融です。実際、金融庁の登録貸金業者情報検索入力ページで検索しても、該当する業者は見つかりませんでした。

違法業者かどうかは、2つのポイントで見抜ける

こうした業者が違法であるかは、2つのポイントで見抜けます。ひとつは登録番号が記載されているか、もうひとつはブラックでも借りられるという表記がないかです。

貸金業を営む場合には、必ず金融庁に届出を行い、登録番号を貰わなければなりません。この登録番号は、宣伝広告の際に必ず記載しなければならないと義務付けられています。もちろん、違法業者が登録番号を持っているはずはないので、多くの場合、違法な業者は登録番号を記載しないで広告をうっています。今回のリンク先のページにも、登録番号はありませんでした。

念を押すなら、前述した登録貸金業者情報検索入力ページで調べてみると良いと思います。登録されている業者であれば、きちんとヒットするはずです。

それから、こちらの広告には「ブラックでも借りられる」という表記があります。

この表記ですが、法律で「してはいけない」と決まっています。きちんとした業者なら、こうした文言にもちゃんと気を配っています。

実際、ちゃんとした業者はブラックには貸しません。お金を返してもらえるかわからない人に、貸すはずないですよね。

こういった文言は、すでにどこからも断られて首が回らなくなっている人をターゲットにしているためです。切羽詰まっているので、どのような会社なのかも調べずに申込む可能性が高いので、騙しやすいんですね。ちゃんとしたところで借りられず、それでもお金がなくて困っている人を食い物にしようとする、最低の詐欺です。

この2つのポイントについては「知っていれば引っかからない!貸金業法」で詳しく書いていますので、参考にしてください。

なお「生活保護の方でも借入できる」とありますが、生活保護を受給している方は、基本的に借入できないと思った方が良いです。そもそも生活保護は「働けないけれど、それでは生活できない人」のためのものであり、不正受給がないように収入をケースワーカーが監視しています。

もし借入をするとそれは収入と見なされ、場合によっては生活保護を受けられなくなる場合もあります(そもそも生活に困窮しているような人は、お金を返してくれるか不安なので、ちゃんとした業者はお金を貸しません)

ケースワーカーにも因りますが、ほとんどは「子どもの教育でお金が要る」などの緊急要の場合にしか、借入は認められません。もしどうしてもお金が必要な場合は、こうした怪しい業者に申込むのではなく、事前にケースワーカーに相談してください。

ほかにもおかしな2つの点

このページ、ほかにもおかしな点が2つほどあります。それが以下の点です。

  • お問合せができない
  • 住所にこの会社がない

1つずつ詳しく解説していきますね。

お問い合わせができない

このページ、上部と下部にお問合せのリンクがあるのですが、クリックしてもお問合せができません。

というか、クリックすると「お申込み」に誘導されます。問答無用で申し込みをさせようとしてくる(笑)

以前同じような業者でも、同じ現象が起こりました。こちらからの連絡については、個人情報以外は一切シャットアウトです。そもそも問い合わせに応じる気がないだろうし、下手な返信するとボロが出てくる可能性があるから、連絡を取りたくないのだと思います。

住所にこの会社がない

このサイト、違法業者にしては珍しく住所を掲載しています。

住所を調べてみたところ「A-PLACE五反田駅前」というビルのようです。しかし実際に入居している企業を調べてみると、flixという企業はありません。野村證券や富士ゼロックスなどの大手企業が入居する、かなり大きなテナントビルでした。

上記2つの辻褄が合わない点からしても、この業者が違法であることは間違いないです。

申込むとどうなる?

実際に申込んでいないのでなんとも言えないですが、こういったタイプの詐欺は「お金を貸すのに担保が必要」といって口座を盗み取る、もしくは法外な手数料や金利を要求してくることが多いようです。

申込んでから断りを入れても、押し貸し(勝手に口座にお金を振り込む)をして「お金返せ」とか言ってきます。住所や電話番号などの情報を送ると、しつこく連絡が来るようになりますので、絶対に申込んではいけません。

もし本当にお金に困っているのなら、こうしたところに申込む前に市役所などの自治体に相談してください。厚生労働省の行っている生活困窮者自立支援制度では、一時的に衣食住を保障したり働くための支援をしてくれたり、困窮から抜け出すためのプランを考えたりしてくれます。

各市町村の窓口が下記のPDFにまとめられていますので、困った際には怪しい業者に頼らず、こうしたところに相談してください。

自立相談支援機関 相談窓口一覧(令和2年1月1日現在)

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です